3つのポイント

3つのポイント
  • 1-品質重視

    「安心」「安全」「結果」を提携医療機関や研究機関で治験や臨床試験を行い、有用性だけでなく安全性も確認されたものを商品化しております。品質においては『純国産』にこだわっています。

  • 2-万全のアフターフォロー体制

    ご購入・導入後に安心してフル活用していただけるようにバックアップいたします。
    ◆導入・フォローアップ講習
    機器の理論や技術だけでなく、業界内の最新情報や法律や薬事関連の情報などもお伝えさせていただきます。

    ◆国内メンテナンス
    機器の修理やメンテナンスは迅速対応いたします。代替機のご用意もあるのでご安心ください。

    ◆PL保険加入
    万が一、機器での肌トラブルなどにも対応ができます。

    ◆ドクターサポート
    提携医療機関や顧問医師に専門的なアドバイスや相談、医療の最新情報などもご提供いたします。

  • 3-スピート対応いたします

    ご質問やご要望をいただきましたことは直ちにご対応いたします。大切なお時間を無駄にせずに、すばやく対応していきます。

顧問医師について

  • 鈴木晴恵先生

    顧問医師
    鈴木形成外科 院長

    鈴木 晴恵 医師

    (社)日本形成外科学会認定専門医・日本臨床皮膚科学会理事
    ・日本レーザー医学会評議員・京都形成外科医会会長
    ・日本美容外科学会
    ・日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会
    ・米国レーザー医学会
    ・国際オーソモレキュラー学会 など多数学会所属

    あざ、しみ、脱毛などのレーザー治療とイオン導入法を確立された美容医療のパイオニア。 メディカルエステの発案者としても知られています。国内外医学会での講演や医学専門書を執筆多数。
    3・11の原発事故をきっかけに食の安全を見直し、薬を使わず病気を予防し治療するプラントベースホールフード(植物性の食材をなるべく精製加工せず食べる)が最善の食事法との結論に至る。
    栄養外来を立ち上げ、アンチエイジング治療に食事指導を活用し効果を上げておられます。 クリニックにヴィーガンカフェ「CHOICE」を併設するほか講演、執筆、翻訳など食と安全についての啓蒙活動を精力的に行っておられます。2020年1月コリンキャンベル博士の著書「WHOLE」を監訳出版。

    その鈴木晴恵医師と共に、今までできなかった中性分子や高分子を真皮に導入する電気穿孔法をピュアコードと共に研究し革新的導入法としてサイトプラズムを開発。
    今では導入する薬剤の研究や組み合わせ等で臨床的に効果と安全性を検証し商品開発にも生かされています。

    鈴木形成外科 
    ホームページはこちらから
  • 横川真紀医師

    医療顧問 
    横川ひふ科クリニック 院長

    横川 真紀 医師

    医学博士
    (社)日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

    2012年10月に高知に横川ひふ科クリニックを開業。
    皮膚疾患の保健治療を行う一般皮膚科と美容治療を行う美容皮膚科を備えた皮膚の専門クリニックです。
    ニキビ、しみやしわなどの「美容的な要素を持つ皮膚疾患」を皮膚科学に基づいた治療とスキンケア指導やメディカルエステも併用して治療されております。臨床的な安全症例や、治療と美容分野での検証などの取り組みを行っています。

    横川ひふ科クリニック 
    ホームページはこちらから
  • 鈴木龍介氏

    顧問医師 
    皮膚再生医療研究員

    鈴木龍介 氏 医学博士

    北里大学医療系研究科修士課程・博士課程
    皮膚再生医療研究員

    【所属学会】
    日本口腔ケア学会・日本再生医療学会・日本臍帯プラセンタ学会
    【専門分野】
    皮膚再生医療・皮膚科学・医学・組織工学
    日本の最先端の皮膚再生医療の研究や電気穿孔法にも精通され、日々研究と開発に奔走されている医学博士です。また常に研究をされており学会での研究成果発表など意欲的に活躍されております。